case20

コロナ禍での大規模リアルイベントの開催
大型LEDキューブをスクリーンと連動

コロナ禍ではありますが、リアルで集まることに強い想いがある主催者様のご意向に沿って、リアルで開催できる方法をご提案いたしました。
イベント当日には参加者の皆様全員にワクチン接種の有無を確認し、未接種の方には会場にお進みいただく前に抗原検査を実施いたしました。会場に出入りするスタッフ全員にも事前に抗原検査を行い、コロナ感染症対策をしっかり行いました。
演出テーマはコロナ明けの未来をイメージした爽快感のあるテーマに設定し、ステージデザインはLEDのキューブを吊り3面のLEDスクリーンと連動させた映像展開で躍動感のある演出を取り入れました。様々なタイプのスクリーンを用いることによって今までにない迫力のある演出で会場内を包み込みました。

case20

抗原検査会場にお進みいただく前に、まずは会場入り口にて参加者の皆様全員に検温を行いました。

case20
case20

抗原検査会場内では、受付にてワクチン接種の有無を伺い、未接種の方にはその場で抗原検査キットをお渡ししご自身で検査を行っていただきました。

case20

ワクチン接種済の方、抗原検査の結果が陰性と確認が取れた方にはその場でリストバンドを配布することで、一目で検査済かの確認が取れるオペレーションにいたしました。

case20
case20

展示スペースの入り口には自然をイメージしたゲートを設置。ゲートにはスピーカーを仕込み自然の音を流し、床には人工芝を敷くことによって開催テーマを感じていただける仕様にいたしました。

case20
case20
case20

LEDキューブは全ての面に異なる映像を映し出すことが可能。正面から見た場合は一匹の鳥を立体的に映し出すこともできます。

case20

オープニングアクトでは映像と連動させたしなやかなパフォーマンスを披露し、参加者を世界観に引き込みました。
いくつかのパートに分かれて構成されており、それに合わせて後ろのLEDスクリーンにもストーリーを盛り込みました。

case20

エンディングでは会場内にカメラ付きの飛行船を飛ばし、会場内の様子をスクリーンに投影することで鳥目線の俯瞰のシーンを演出いたしました。
飛行船をとり入れることでステージから遠い2階、3階席の皆様にもご参加いただいている一人だと再認識していただきました。

case20
case20

その他にコロナ感染対策として座席は全て1席開けてのご案内を行い、アリーナ席は50cm間隔を開けて席を配置いたしました。
また懇親会では円卓に人数分のアクリルパネルを設置し、1卓当たりの人数を通常10名のところを6名にして開催いたしました。

クライアント健康食品メーカー
場所幕張メッセ
会場講演会:イベントホール
懇親会:展示ホール9~11
展示:エスプラナード
抗原検査:展示ホール5
期間仕込み:1日
本番:1日
内容講演会/懇親会/展示/抗原検査
担当営業:村山
制作:横山
担当業務企画/演出/施工/進行/運営/映像制作/キャスティング/印刷物